>  > 風俗で四つん這いプレイで連射した

風俗で四つん這いプレイで連射した

風俗での四つん這いプレイにハマっている。だから今回も風俗で四つん這いプレイを楽しんできた。指名したのは21歳の若くてスタイルが良い女の子だった。45分コースでオプションの電マを入れてみた。部屋に入ると女の子が挨拶してきた。「よろしくお願いしまーす、今日はどんなプレイがお望みですか?」と。「四つん這いプレイがしたいけど」と言ったら、「はーい、じゃあ四つん這いプレイで気持ち良くなってね」と言ってきた。シャワーを浴びてまずはソファでプレイスタート。ソファの上で四つん這いになると後ろからアナルと玉袋を舐めながら手コキしてくれた。「どう、気持ち良い?」「ああ、すっごく気持ち良い」。この四つん這いプレイで1回目の発射を終えた。休憩しながら電マオナニーを見せてもらった。女の子はクリトリスに電マをあてて悶えていた。オナニーが終わった後、もう1度四つん這いになって手コキしてもらい、最後はバキュームフェラで発射することができた。

風俗を最後にしようと思ったけど無理だった

その日で風俗を最後にしようって思っていたんですよ。子供が出来たっていうのもあるので、いつまでも風俗はって気持ちがあったんです。しっかりしないとなって気持ちにさせられたので、それでもう最後にしようって思っていたんですけど、結果から言えば無理でした(笑)だってバイバイする時に「また来てね」って可愛らしく言われたら、「また来よう」って気持ちになってしまうのは当然というか。別に彼女が本当に自分に会いたい訳じゃないって事くらいは分かっています。お世辞だって事が分からない程子供ではないですから(笑)それでもプレイそのものに物凄く満足したっていうのもあって、また来たいって気持ちになっちゃったんですよ。もしもここであまり満足出来ないようなプレイだったら、それを機に「もういいかな」って気持ちになれたのかもしれないですけど、素晴らしいプレイだってっていうのもあって、これはまだまだ当分辞められないよなって気持ちになりましたね。

[ 2016-01-05 ]

カテゴリ: 風俗体験談